All about the workshop group innerchild/WS.
click!←

「workshop(ワークショップ)」とは、「勉強会・講習会」という意味です。
ことアートの分野においては「創作工房」などと訳されたりもしますが、基本的には
人が集まって、共通の体験を通じて何かを学んだり、共に創り上げたりする場のことです。


この『innerchild/WS』は、主に演劇的な(時には心理療法的な)訓練、いわゆる「メソッド(訓練法)」や「ワーク(作業)」、そして「プレイ(遊び)」を通じて、役者を目指す皆さんから極々一般的な方まで、表現者として、或いは対人関係といった日常的なレベルまで、あらゆるシーンに共通する「感覚」というものを、「身体」や「言葉」を駆使して「再認識」していこう、というコンセプトで行われている
『参加体験型演劇ワークショップ』です。

講師を務めるのは、外部公演への出演やワークショップ経験も多い、
innerchild主宰/作家/演出家/役者小手伸也
メニュー数はバラエティに富んでおり、現在では総計80種以上。その全てが自ら体験し共感したものや、新たに手を加え開発したもので、確かな実感と説得力を持ったものばかり、しかも誰
でも簡単に行えるものばかりです。

それでは、実際のWSの様子をご紹介しましょう!



innerchild/WS vol.1(2003年12月)
※写真をクリックすると拡大写真とともにコメントが見られます。


innerchild/WS vol.2(2004年5月)
※写真をクリックすると拡大写真とともにコメントが見られます。


innerchild/WS_ENBU出張版
(2004年8月)
※写真をクリックすると拡大写真とともにコメントが見られます。


innerchild/WS vol.3(2005年5月)
※写真をクリックすると拡大写真とともにコメントが見られます。


innerchild/WS vol.4(2006年5月〜土曜コース〜)
※写真をクリックすると拡大写真とともにコメントが見られます。


innerchild/WS vol.5(2006年5月〜日曜コース〜)
※写真をクリックすると拡大写真とともにコメントが見られます。


innerchild/WS vol.6(2007年2月)
※写真をクリックすると拡大写真とともにコメントが見られます。





Copyright(C)1998-2012 innerchild. All rights reserved.