(2005年4月)


1日(金)
いよいよ始まった2005年度。私の人生、年度区切りにもはや何の意味もございませんが、初日から「顔合わせ」とは!因果だなぁー…。という訳で、今日から『bird's-eye view』に参加。「バーズ〜」と言えば『数神2』にも出てくれたピエール(杉浦理史)が所属し、アスカ(後藤)が準レギュラーの劇団として馴染みではあるし、主宰の内藤(達也)くんとも女優のコノミ(松下)とも面識があるので、さほど緊張することもなくプロデューサーの赤沼(かがみ)さん所有の稽古場へ向かう。
で、いきなり迷う。
ホントダメ人間です。ピエールのナビで何とか辿り着くと皆さんテーブルでお待ちになってまして、恐縮しつつ席に着くも、おや?内藤くんがいない。制作の保田(佳緒)さんの腹がデカイ!二人がめでたくご結婚されたことは、何となく風のウワサで耳にしていたので“あぁナルホド”と思ったものの、まさか臨月突入とは!こんなトコにいて大丈夫なんですか!?あ、もう実家へ戻られる?そりゃそーでしょう。もう一人の身体じゃないんですから、安静にするべきです。では往年のタモリさん風に「安産!」…で、肝心の旦那の方は?インフルエンザで寝込んだ?!花粉症とかではなく?…大丈夫かな??

程なくして飲み会へ移動。お初の人も多いので親睦を深める。今回同じく客演の、大阪の劇団『クロムモリブデン』森下(亮)くんと話す。え?本番まで何処に泊まってるんですか?「一応内藤さんちの予定なんですが…」あぁ、でもインフルエンザが…「ねー…」
更に心配になる。
そんな森下くんは急遽ピエール宅に引き取られ、人もどんどん帰って行く中、
依然続く飲み会。初日からこんな飲む「顔合わせ(?)」は初めてだなぁーと思いつつも、どーやら仕切る人がいないからだと何となく気付き始めた頃、したたかに酔った小野(ゆたか)くん、改め「小野様」が話しかけてきた。「小手さんはねぇ、ゆーめいだから、アタシぁ今回ホント一緒でこーえいなんだけどもねぇ、ぶっちゃけぇ、小手さんはモテタイカラ主宰をやってるわけでしょう?」いやいやいや!「だって、あーた(アンタ)もてるでしょ?」いやもてないっすよ!「え?じゃあなんで芝居をやってんの?」いや、だからー…。すごい。典型的なカラミ酒だ。
気がつけば残っているのは俺と小野様とコノミ(=酒豪)と日栄(洋祐)くん(=いい人、多分気を遣って残ってる)の4人。元来の生真面目さが面白い位に転じて暴論・極論を吐きまくる小野様と、それに対して独自の正論をぶつけるものの傍目には単に煽ってるようにしか見えないコノミ、その二人を慣れた視線で見守る日栄くん、ツッコミどころが多過ぎてどんどん疲弊していく俺。
初日から「バーズ」のディープな部分に触れ、なんか楽しめそうな気がしてきた!

G日(学)
普段の小野さんは腰低い。でも初対面で僕のことオメー扱いでしたよ。「えぇ!ウソですよー?」やっぱり全然覚えてないのね
そんな訳で3日間のワークショップ。病み上がりでかなりギリギリな感じの内藤くんも、初日は不在だった準レギュにして客演陣最後の一人〈ラストマン〉こと劇団『MCR』櫻井(智也)さんも合流し、いよいよ稽古開始。「バーズ」の稽古は基本的にエチュード(即興芝居)で、内藤くんの出すシチュエーション(状況設定)、と言うよりはむしろルール(法則)に従って芝居をする。
これが自分にとってかなり新鮮で大いにワクワクする。…が、どーゆー本番になるのかは、未ださっぱり分からない。ってゆーか日が進むごとに「病欠」が増えているが、大丈夫なのか?!


5日(火)

ダメでした。最終的に俺がダメでした。
内藤くんの持ってきたウイルスはかなり強烈なものだったらしく、のどの違和感から始まった悪寒はまたたく間に全身に回り、結局39度近くの高熱にうなされ以後3日間動けなくなる(泣)


男性チーム
ピエール(重度の花粉症)&大阪在住の森下くん(今日はピエール宅に宿泊決定)。東京観光は?「とりあえずバイトを探します。」…ごくろーさまです!

女性チーム
その対面にはアスカとコノミ、そして謎のターバン男。バーズといえば「キスシーン」という勝手な憶測のもと目をぎらつかせる客演陣。ホントは100%照れ隠しなのナ!


8日(金)
2月末に収録した『世にも奇妙な物語』が最終編集段階でカット等が出て、「オンリー(※声のみ)」が必要となったということで、稽古前に新宿のスタジオへ行くことに。
早めに新宿に着いたので「HMV」でCDを物色しては財布を覗いてため息をつき、を小一時間繰り返し、そろそろ行くかと歩き始めた途端マネージャーから電話。なんと編集作業が押しに押していて後1時間半待ってくれとのこと。
しょうがないので更に新宿をフラフラさまよい「タケオ・キクチ」や「マリテ+フランソワ・ジルボー」で服を物色しては財布を覗いてため息をつき、を更に一時間繰り返し、どうしようもなくなったので花園神社でボーっとする。桜満開でやんの。満開過ぎて少し寂しくなる。俺の私生活ってばホント「華」がない。
収録自体はものの30分で終了しました。

12日(火)

で、この日がその「オン・エア」の日。稽古から帰って来た後、恐る恐るビデオを再生してみる。
うわぁー…やっぱコイツだめだわぁ…。
目撃メールをたくさん頂きました。皆さん有難うございました。何通かご紹介致します。(勝手に)
「『世にも奇妙な…』見てたら、突然小手が出てきてびっくり!元気そうでなによりです。実は私は4月から徳島で新生活です。」(高校時代の友人Uさま)
「ぷぷー(^_^)…目立ってたねー!存在感大きすぎ!あんな役の歳になってしまったのね…(‐.‐;)y-~~~」(幼馴染のHさま)
「こんにちは!世にも見ました!!伸也さんをテレビで見ることができて、不思議さと喜びを感じていました。とても自然な感じでしたよ♪」(アミューズ:田中千絵さま)
「結構、出てましたね〜。ちょっと顔芸も入ってましたが(笑)」(ハッポウ制作:飯野千恵子さま)
「オンエア見た見た。出たね!得意のスマイルが。エロスマイル。テレビだとあんまり太って見えないな。ガタイがいい、ってくらい。でぶキャラでは無いのよねぇ。」(無名塾:進藤健太郎さま)
「悲劇m(_ _)mビデオ予約で録画し、おうちに帰ってさて観ようとウキウキつけてみると…チャンネル合わせ間違えて映ってたのはロンドンハーツ…」(松田珠里さま)…ってオイ。


花見?
収録が1時間以上押しとなり、突然待たされることになったので、ふらりと花園神社へ。桜が満開!はぁ〜、ここ何年いわゆる「花見」というやつをしてないなぁ…。酒じゃ酒じゃ!

O.A.〈オン・エアの略〉
テレビだと人が膨張して映ると言いますが、何だ俺の顔の膨張率は!ちょっと…デカ過ぎないかい?
ああ、そっか!遠近法か!…違うな。


13日(水)
内藤夫妻の第一子が無事誕生!とのことで急遽稽古が休みに。おめでたい!おめでとう!

15日(金)

今日はAM5時起き…てゆーか寝れなかった。なぜなら今日はドラマ『タイガー&ドラゴン』のロケで「相模湖」まで行かなきゃならんのだ。
という訳で7時15分、最寄り駅「相模湖」に到着。今日は同事務所のチヨ(千代田信一)ちゃんが一緒なので、ほんのり安心。だが決して気は抜けない!なぜなら僕の真の敵はカメラだから!
だから、そんなこと言ってちゃダメなんだって…。
今日の役処は「ネットで知り合った自殺志願のさえない男たち」ということで僕とチヨちゃん、そしてやや年配そうな瀬戸(将哉)さんという方と、更に年配そうな村上(寿)さんという方の4人が集められたようで、改札に集まった4人はロケバスに拾われ一路「相模湖ピクニックランド」へ向かった。二日間御一緒する訳だから仲良くしなくてわ!瀬戸さんとチヨちゃんは以前別のドラマで一緒だったらしくその話で盛り上がっている。いかん、出遅れてる。じゃあ村上さんは…なんかダンマリだぁー…。ああ大丈夫かなぁ俺。
現場に到着して、皆さんに挨拶。すでにメイクを始めている伊藤美咲さんと岡田准一さんに挨拶。まったく…なんてキレイな人たちなんだ。作りがもう全然違うし。いや、そんな素人目線じゃイカン!(一応は)共演者なんだから、仲良くすればいいじゃないか!岡田さんとチヨちゃんは小さい頃のアダ名が同じだったらしくその話で和んでいる。いかん、やっぱり出遅れてる。とりあえずじゃあ村上さんは…なんか別人のように生き生きし始めた?!…ああ、この人は現場に入るとスイッチを入れるタイプの人なんだぁ。この人「プロフェッショナル」だ。…更に置いてきぼり感が深まる。
イカン!こうやってすぐ自分の殻に閉じこもるからいつまで経っても現場に慣れないのだ。折角楽しい役なんだから楽しまなくては!
準備を終えた後、ロケバスで更に奥地へと移動。今日はこの施設全体が貸切となっているらしく、誰〜もいない山奥の一本道を豪快なステアリングで突き進むロケバス。ってかロケバスのドライバーってすげー。着いた先で「山奥を逃げ回るシーン」など数カット撮って、本日の出番は終了。よし、なんかノッてきた!明日はナイトシーンの撮影だ!

16日(土)
で、再びやって来た「相模湖」16時30分。今日の終了時間は予定通り進んでも25時。しかし不平不満は口に出来ない。なんたってレギュラー陣やスタッフさんはこんなことを毎日のようにこなしている訳ですから。ホント皆さん凄い、とやや他人事だが将来自分がそうなった(なれた)時、色々大丈夫だろうか…。そんなことを思いつつ準備を済ませ、一旦公道へ。本日最初のシーンは「山奥へ車で向かう男4人と美咲さん」というシーン。何だかカッコイイ外国産のステーションワゴンが一台。シャレてんなーと見惚れていると、「じゃあ小手さんは運転席へ。」
【???(2.5秒)】

寝耳に水(てか熱湯)の展開に思わず失禁しそうになりつつ平静を装って着席する俺。【うん…確かに台本上運転手は誰とか書いてなかったけどそーかそーかそーだよなオレ運転得意なことウリにしてた部分あるし何となくオレかなぁとか冗談半分に言ってたけどホントにオレかぁー!(0.1秒)】
「アメ車なんでちょっと分かりずらいと思いますが」んー【…ダメだ。俺も「プロフェッショナル」になるんだ!今は目の前の事態に集中すべきだ。(0.5秒)】ええ何とかなります♪【左ハンドルがなんだ!やってやるさ!(0.03秒)】シフトレバーはここ、ウインカーはここ、ヘッドライトはここ、すばやく眼でコックピットの配置を確認する俺。キーを回しエンジン始動。こいつ…動くぞ!(ガンダムに初めて乗った時のアムロの台詞)
「あ、あと普通のクルマよりブレーキの掛かりが弱いんで気を付けて下さい。」
【/(^◇^)/わーっい(5.8秒)】やばい!なんか切れたらしい。胸に「NERVE」(神経)と書かれたイカしたコスチューム着たピットクルー(小人)がわらわら出て来て大急ぎで脳の配線をチェックする。続いて監督からの指示。
「芝居をしながらこの道を時速40km/hで直進して、出来るだけスムーズにあのカーブを曲がって。」
了解しました!【お、治った。意外とハキハキしてるオレ。そうか!緊張がピークに達してオレの中のニュータイプ的な部分が目覚めたのだ!(0.03秒)】「後ろ危ないよ!」はい、大丈夫です。【おっとゴメンよ美咲ちゃん。でもオレはニュータイプだから安心して。(0.03秒)】「では合図が出たらスタートして下さい。…よーい。どうぞ!」アムロ、行きマース!アクセルを踏み込むオレ。まずは時速40km/hまで加速…時速40km/h…時速…んん??ってコレ、メーターが「マイル表示」きゃあぁぁー!!
時速40km/hが分かんねぇ!時速40km/hが分かんねぇ!1マイル何キロだ?1マイル何キロだ?こんなもんか?こんなもんか?ああ芝居しなきゃ!芝居しなきゃ!(25秒)】にぃーぽんの未来はウォウウォウウォウウォウ!「カット!はいオッケーです。」え?
…生きた心地がしませんでした。コレに比べりゃ後のシーンなんて楽しくて楽しくて…ああ、なるほど。ショック療法だ。…後はオン・エア観て下さい。6月17日だそうです…。ああアムロ…時が見える(ララァが死ぬ時の台詞)


ロケ(ロケーションの略)とは
朝っぱらからやって来た「相模湖ピクニックランド」でチヨちゃんと。山奥のせいか未だ桜が満開!はぁ〜、ここ何年いわゆる「花見」というやつをしてないなぁ…。酒持ってこぉい!

つまり野外撮影という意味
ロケ二日目は深夜にまで及んだ。レギュラーの皆さんはこんなことを毎日こなしてるんだから大変だ。もっと言えばスタッフさんのバイタリティはもぉ尊敬に値します。

17日(日)
昨日(てか今日)の撮影が終わり東京の緑山スタジオに帰って来たのが結局AM3時。帰宅が4時でもぉ心身ともに疲弊し切ってはいたが、稽古前に『千夜二夜』を観劇するため天王洲スフィアメックスまで。グーニーズ(櫻井無樹)もノブ(三嶋義信)も出てるし、シゲ(藤沼茂人)もナカマイ(中野麻衣)もWS生徒だし、多少の無理はしてあげよう。…てな心意気でしたが、すみません。テンションがそこまで届きませんでした。大したねぎらいの言葉も掛けず、何故かNODA・MAPの「お茶漬けの話」(1月の日記に登場)をし始め勝手に落ち込む俺。何をやってんですか俺。みんなお疲れ様。みんなは何も悪くないです。

Ω日(鴨)
いよいよ稽古も佳境に入りつつあるものの、当面の問題は「出生届の期日が間近に迫った内藤さんちのお子さんの名前をどうするか」だ!(ん?いや、間違っては無い!)
という訳で現在稽古場の黒板にはズラーッと名前が列挙されているのだが、最終的にはやっぱ奥さんの意思重視なんじゃないっすかね?え?ボクですか?いやー、ボクだったら「美虞座夢(ビグザム)」かなー。足が魅力的なモビルアーマーなので。そういう女子に育ってくれたらなーって。言っとくけど…お前めちゃ失礼だぞ。てゆーかお前なんで今月「ガンダム押し」なの?
お子さんは無事「木南(きなみ)」ちゃんと命名されたそうな。「木」も「南」もいい意味だし、画数的にも悪くないとのこと。出産や命名といった人生の大事件がこんな身近に起こるとやはり感慨深いものがある。子供かぁ…かわいいーんだろーなぁ…。


みんなWS生
何やら神妙な面持ちで客出しする「千夜二夜」出演者を歓迎しようとポジティブ先輩風を吹かす、つもりが何か結局ネガティブな感じに…。俺はダメだな。(ほら!)
命名会議
これは、「この度めでたく誕生致しました内藤夫妻の第一子(女児)にアリガターイ名前を付けてあげようじゃないか」委員会による命名一覧表。お父様一押しは「糸子(いとこ)」でした。


28日(木)
忙しい毎日のお陰で神奈川県警の運転免許本部から「出頭」を命じられていたことをスッカリ忘れており、今日慌てて「交通安全センター」へ向かう。先月の違反(3月の日記に登場)で累積が6点を超えてしまったため、ボキは免停なんだとさ。今日ここで13,800円払って丸一日の講習を受けて筆記試験に合格すれば30日間の免停が1日(本日中)にまで短縮されるが、お金も時間もないし免停でいいや!
と我ながら実に豪胆な結論に達し、免許を預けてとっとと稽古へ向かう。どうせ来月の今頃まで稽古と本番で車乗らないし、万が一のため乗らない方が無難だし(その万が一が俺には実際あったわけで…)、第一「駒場アゴラ劇場」の周辺に車を駐められる場所など皆目見当がつかない。これでいいのだ!
という訳で、来月は『横浜から車で100分U』改め、『横浜から電車で60分弱(アゴラまで)』となります。お楽しみに!


まぁた来ちゃったよ
久方振りです。毎度お馴染み「交通安全センター」!ってか、お馴染みになるなよ。ここに来る日は大概いい天気。ホント萎えるわ。
もう来ませんよ(最低2年は)!
さようなら!!




ちなみにコレは
3年前の写メール日記より。
同じ理由で同じ場所に来て同じことしてる人。携帯カメラは進化してるが使い手は成長してないご様子。