(2002年3月3日sun)


朝10時、菊岡からの電話で目覚める。"今何処に居るか?"との事。そんなの家に決まっとるではないか。ん?家?しまった。何でこんな時間に家に居て、しかも昨日の格好のままなんだ?
今日は芝居の宣伝を兼ねたラジオ出演の予定があり、10時50分には『笹塚(新宿区)』に居なくてはならないのに。
携帯の『乗換案内』で電車を調べ、検索結果を見て、そして一旦携帯を投げ、自分が【横浜在住の横浜市民】である事を再認識し、そして携帯を拾う。
『横浜』から40分で『笹塚』へ…。
(自宅から都内の各稽古場までの平均所要時間が車で大体100分)
うん。無理だ。しかしやるしかない。車なら…!!
番組内でかけて頂くCDを鞄に詰め込み、大事な台本とスタジオの地図を置き(忘れ)、車に乗り込む。勿論こんな時にポリス沙汰なんて冗談ではないので、法定速度は遵守。無謀な車線変更や黄色横断などもってのほかである。
そんな私の安全運転っぷりに、道路の女神様が微笑んで下さったのだろうか。信号さん達や他の通行者の皆さんが"君は急いでるんだから早く行きなさい"と仰って下さり、何と35分後!私は『笹塚』の駅前に車を停めていたのである。日中車移動の最短レコードである。
…と思ったら地図を忘れてて凄い迷って結局スベリコミでやんのな。

スタジオに入ると、収録スケジュールが若干押しているらしく、『親族代表』の皆さんがまだ録音をしていた。我々と全く同じ時期に下北沢のOFFOFFシアターで公演をしているらしい。終わって出て来た『親族代表』の皆さんに"ご無沙汰してます"と挨拶をして、制作サンにも一応チラシをお渡しするもカブってんだよね。
DJの森さんが現れる。以前『マダム・ゴールド・デュオ』で一度ご挨拶をしていた事を直前になって思い出しホッとする。菊岡とは俺以上に面識がある方なので、変に緊張しないで済みそうだ。良かったヨカッタ。
本番中、"今日はやたら言葉が出で来て、何か俺スゲー喋ってんなー"と思った。これは俺のトークが上手だからでは勿論ない。緊張しているからだ。
…何だよ、緊張してんじゃねえか。
結局、10分の告知番組を川田さんと、30分のゲストトークを菊岡とやったが、楽しかったと思いたい。今は。

その後、駒場アゴラ劇場に『reset-N』を観に行き、野田秀樹ワークショップで一緒だった杉山さんと、前回出て頂いた成川さんに挨拶をし、『reset-N』主宰の夏井さんに自己紹介させて頂く。夏井さんは拙者ムニエルでの俺を何度か観ているそうで、とりあえず役者としての自分をアピールしつつ、次回公演の宣伝をして行く。夏井さんの繊細な感覚は好感が持てた(スゴイ偉そう)。作家としてウチも気に入ってもらえるといいなぁと思いつつ、夜の稽古に向かう。
そういえば何か大事な事を忘れている。
そうだ。…今日台本家に忘れたんだった。


-今回の写メール-

昨日(3/2)カムカムの二人が合流し、
初めて今回のカンパニー全員が集合した。
この後飲みに行ったのがマズかったと思われる。